SDGsの取り組み

日の出
ホールディングス
SDGs宣言

sdgsロゴ

日の出ホールディングスグループは、「暮らしに満足と歓びを提供し続ける」という企業理念のもと安全・安心・確実・満足のいく商品を皆様にお届けするという事業活動を通じて、社会貢献の取り組みを進めてきました。私たちは、国連が提唱するSDGs(SustainableDevelopmentGoals:持続可能な開発目標)に賛同し、これからも経営理念を根底に据え、持続可能な社会の実現に積極的に取り組んでまいります。

代表取締役社長 大西 浩介

SDGs とは

sdgsロゴ

「SDGs(エスディージーズ)」とは、「SustainableDevelopmentGoals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界のリーダーによって決められた、国際社会共通の目標です。
SDGsは「17の目標」と「169のターゲット(具体目標)」で構成されています。


「日の出ホールディングスグループは事業活動を通じて従業員とお客様の健康生活をサポートし、持続可能な社会の実現に貢献したい」と考えています。

キング醸造での取り組み
醸造粕を利用したエシカルフード

         

みりんや日本酒の製造過程で発生する「醸造粕」を利用した新ブランド「ORYZAE JOY」を立ち上げ、健康や美容に気を配りながら日本の伝統的な発酵食品を楽しめる商品開発を進めています。

但馬醸造所での取り組み
廃校となった旧西谷小学校に灯りを

廃校となった旧西谷小学校を工場として平成20年に産声をあげた但馬醸造所。
製品づくりへのこだわりはもちろんの事、単なる酢の醸造会社となるだけでなく直接お客様の声をお聞かせいただけるよう、地元での試食会や地元レストランのバイキングメニューに当社製品を使ったレシピを提供。
多くのお客様に手軽に味わっていただくなど地域の皆様との関わりを大切にした活動を行っています。

日の出物流システムでの取り組み
エコレールマーク認定

商品を輸送する時に、エネルギー効率に優れた貨物鉄道輸送を一定割合以上使ってお店に届けられた商品に「エコレールマーク」が表示されています。CO₂排出量が少ない鉄道へのモーダルシフトは、SDGsに繋がり、トラックドライバーの働き方改革へも繋がります。

日の出ホールディングスへのお問い合わせ

日の出ホールディングスへのお問い合わせはメールフォームから受け付けております。

お問い合わせはこちら

>